2009年07月20日

PDF-Viewer オブジェクトの固定

PDF-XChange Viewerでは、いろいろなオブジェクトを貼り付ける
ことができるが、いくつも貼り付けていると、すぐに選択されて
オブジェクトが動いてしまう。

そういう時は、オブジェクトをロック「固定(*)」すると良い。
(*)日本語訳では、「固定」となっているが、「保護」が適訳かも。

下記は、テキストボックスの例である。
「プロパティツールバー」を表示(*)して置くと細かな設定が可能となる。
((*)ショートカットキー「Ctrl+E」で表示、非表示が切り替わります)

通常 固定時
Testpr1 Testpr4
プロパティ(通常) プロパティ(固定時)
Testpr2 Testpr3

「テキストボックスのプロパティ」で「詳細」の
固定」にチェックを入れると、テキストボックスが固定され
編集コマンドが「灰色」となり編集不可となる。

「固定」のチェックは、オン/オフが出来るので、編集したい時には
このチェックを外せば良い。

なおコピー、貼り付けはそのまま使える仕様になっているようである
が、「固定」済みのテキストボックスをコピー~貼り付けをすると
貼り付けられたテキストボックスは「固定」された状態となっている
ので、編集が出来ない(「固定」を外すことをお忘れなく)。

なおPROの機能に「コメントのフラット化(*)」と言う機能があり、コメント等
の注釈を本文に展開して編集出来なくすることもできる。
(*)日本語訳では、「コメントの削除」となっているが、消去する訳では無い
またプロの機能を使用した文書の保存には、ライセンス(有料)が必要。

----現在「拍手」ボタン試行中です。気が向いたらclick下さい!
拍手する --クリックだけでは個人情報は送信されません。

posted by dodemoii at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | PDF-XChange | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック