2011年11月13日

Adobe Reader セキュリティ表示

今回はAdobe ReaderでのPDFのプロパティ表示について書く。

PDFにはパスワードセキュリティがかけられるが、セキュリティがかかって
いるファイルを開くとファイル名に(保護)と表記されるので容易にわかり、
プロパティで、その詳細が確認できるが、その表示がちょっとわかり難い。

Adobe ReaderでパスワードセキュリティがかかっていないPDFを
開いた時に「文書のプロパティ」で「セキュリティ」を確認すると

4
「文書のセキュリティ」の「セキュリティ方法」で「セキュリティなし
を確認できるものの、「文書に関する制限の概要」には
「文書のアセンブリ」などに「許可しない」と表示されてしまう。

(この表示は紛らわしいと思うが)、これはAdobeReaderで開いて
いる為で、同じPDFをPDF-XChange Viewerで開くと

3
と「セキュリティ設定の詳細」の全ての項目が「許可されています」
の表示となり、パスワードセキュリティがかかっていないことが分かる。

もちろんAcrobatで開いても同様な表示になります。

5

参考までにパスワードセキュリティのかかっているPDFの場合は、

1_3←AdobeReaderで開いた場合

2←PDF-XChange Viewerで開いた場合。

「セキュリティ方法」に「詳細の表示」ボタンが現われ、
どんなセキュリティかがわかるようになっている。

----皆様の「拍手ボタン」クリックが、Blogオーナーの励みとなります!
拍手する --クリックだけでは個人情報は送信されません。

posted by dodemoii at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | Adobe Reader | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック